今年32才!すでに起きていた厄年の体験談3つ

スポンサーリンク


今月32才になったJinです。こんにちは。
30才すぎたらもう何歳だか分からなくなりますね。もう年も気にならない。

最近なぜか不運が続いていると思っていたら、厄年だということが分かりました!
化学根拠は何もないし気にしていなかったけど、これだけ続くと、もしや?と思ってしまいます。

32才になる年の女性は本厄

いまのいままで気づかなかったのですが、厄年は数え年での年齢なんですって。

2017年の今年に32才になった1985年生まれのわたしは、本厄でした・・・。

すでに前厄が終わっていてホッとしたような納得したような。
というのも、正直、厄年なんてまーったく気にしてなかったけど、

4月 交通事故にあう

6月 階段から落ちる

とすでに残念なことがおきてる!

いま思えば、前厄の2016年に流産を一度経験しています。
厄年は、凶事や災難にあう率が高いので注意が必要な時期みたいなので、
いまから考えればもっと注意深くしすぎるぐらいでもよかったと思ったり。

Jin
いままで大きなケガをしたことも階段から落ちたこともないのに、続いているからこわい

交通事故にあう

これについては散々記事にしているけど、もう笑い話にしないとやってられないぐらい!

Jin
ぶつかられた方が痛くてしんどいって話

階段からすべり落ちる

そう、わたくし、階段から見事にすべり落ちました!笑
しかも32歳の誕生日の当日に。
この日じゃなくてもいいのにっていう。

尻、腰、太もも、背中を打ってしまい、しばらく動けずに横たわっていましたよ。
交通事故での痛みはだいぶ治りかけてきていたのに、これか!

尾てい骨を思いっきり打ちました。

Jin
でもね、この原因はたぶんスリッパだと思うんだ

スリッパの底がぺろーんと剥がれているので、階段を降りるときにスレて変な音がするんです。
で、その音が出るのをおもしろがりながら、しばらく階段を降りていたのでクセ?になっちゃってて。

でもそんなスリッパは危ないので、新しいものに変えたんです。
ちょうど誕生日当日に!

で、その変なクセがついたまま階段を降りていたら、ずってーん!と見事に尻もちを。
サラサラだったんですね、その新しいスリッパ。滑り止めはないみたいな。

ま、こじつけかもだし、自業自得だけど。

にしても、実家の階段から落ちたのは、32年間ではじめてなのでかなりショック!!よりによって誕生日にっていうのも。笑

Jin
慎重に行動しなくてはと再度認識したのでした

流産

妊娠時から言われていたんです。
ちょっと小さいね、育ってないね。って。

それでもうすぐ3ヶ月って頃に自然に流れてしまった。
たぶん染色体異常だから、充分に育てずに流れてしまうのは仕方ないみたい。

Jin
でもね・・・つらいね

32才の目標

ということで、偶然のできごとだったのかもしれないけど、厄年だからといって心配しすぎるつもりはないし気にしすぎはダメだけど、普段よりも注意深く行動していこうと思うのはアリでしょ!

32才の目標としては、

・稼ぐ
・仲間をつくる
・妊娠出産

を意識したい。

いまは物販を主にしているので、もっと利益を出せるようにしていきたい。
友達というより仲間を増やしていきたい。
今度は健康に産んであげたい。

そんな感じです。

それじゃまた!

 

スポンサーリンク







ABOUTこの記事をかいた人

Jin

新卒から約半年で会社をクビになった経験を引きずっているのか、会社勤務へのイメージが悪い。 モノと時間と場所にしばられない暮らしがしたいナマケモノ主婦です。