Facebook Page

読んでからが始まり!行動するための読書方法

こんにちは。ナマケモノ主婦のJinです。

いまを変えたい。
あたらしい知識を身につけたい。

と思い、なるべく本を読むようにしています。

 

でも、本を読んだそのときは、知識が増えた気になりますが、いつのまにか忘れていたり、読んで終わりになったりすることが多い。

 

それで、なにかよい対策はないのかと思っていたところ、

ちょうど 読書が「知識」と「行動」に変わる本 を発見!実際に読んでみて、これが原因だったのかと分かりました!

本をキレイに扱わない

わたしは買った本を読むときに、線を引いたり角を折ったりしません。

付せんはしますが、基本的にキレイに扱っていました。
それならまた売れるかもしれないと心ではおもっていたからです。

線を引いたり、角を折り曲げたりした方が読み込んでいる感がありますよね。

あ、もちろん折り曲げて満足という状態では意味はありませんが。

 

つまり、いまよりも後のことを考えて動いていたのです。

 

そういう考えではなくて、

大事なところに線を引いたり書き込んだりして、さいごはまとめるという作業も必要だということ。
そうすることでより頭に入りやすいそうです。

 

そうだったのか、、、!
わたしは本が汚れるのがいやだったので、まったく真逆のことをしていました。

知識に変えていくために、さっそく行動です。

 

本の内容をわすれないために、
読書の方法を参考にした本です。