平井堅「ノンフィクション」の歌詞がずっしりきたマジメな話。

スポンサーリンク


こんにちは、ナマケモノ主婦のJinです。

昨日のFNS歌謡祭に出ていた平井堅さんの「ノンフィクション」が良かったよという記事です。

 

ドラマ「小さな巨人」の主題歌だったんですね。

ドラマは観てたのに曲は覚えていないという…。

やっぱり流れてるだけより、実際に歌っているほうがいいね(そりゃそうだ)。

平井堅「ノンフィクション」の歌詞がずっしりきた

何のため生きてますか? 誰のため生きれますか?
僕はあなたに あなたに ただ 会いたいだけ
人生を恨みますか? 悲しみはキライですか?
僕はあなたの あなたの 本当を知りたいから
秘密 涙 ひとり雨 目覚めたら襲う不安
僕はあなたに あなたに ただ 会いたいだけ

これは一番最後のほうの歌詞だけど、この「あなたに会いたいだけ」という部分がなんだかずっしりときました。

 

ただ会いたい。

それで充分じゃないか。

というふうに思えてきた。

 

テレビでこれを歌っているのを観ていたら、「人生がツライ、死にたい」と言っている友達のことを思い出しました。

明るく言ってるけど、半分冗談で半分は本気なのかな? とはおもってしまうけど。

 

つい油断したら本当に危ないほうへ行っちゃうかもしれないし、そんなことないかもしれない。

でも、それぐらいゆらゆらしてる人は他にも多いんじゃないかと実はおもう。

 

将来への希望がなくて楽しくないし、面白いこともない。

だけど毎日を生きてる。それでも懸命に。

 

それが分かるから、

友達としてのわたし気持ちは、なんとかしたいと勝手におもってるし、それでも会いたいし、必要なんだよ。

そんな感情が出てきた楽曲でした。

というわたしもそんなに希望はないほうだけど…。

 

生きていてほしいんだよ。

会えなくなったら寂しいよ。

 

そんなことをただただ思ったのでした。

それじゃまたね!

スポンサーリンク







ABOUTこの記事をかいた人

Jin

新卒から約半年で会社をクビになった経験を引きずっているのか、会社勤務へのイメージが悪い。 モノと時間と場所にしばられない暮らしがしたいナマケモノ主婦です。