ハイエース旅行

葛飾北斎の作品「赤富士」をみにいってきた話

こんにちは!北斎に興味ありのJinです。

長野県松本市にある日本浮世絵博物館で、
葛飾北斎の展覧会を開催していたので行ってきました!
期間は7/1〜9/25まで。

わたしの好きな 赤富士 が9月限定で展示されていたので
ホンモノを観てみたかったのです。

0905-1

北斎は、生涯で画号を変えることおよそ30回、
住まいを移すこと93回と伝えられているそうです。

それぞれの画号のときの作品を観ていると、
作風もあきらかに変わっていて、
おどろきました。

0905-2

浮世絵を観てみたいな〜という軽い気持ちだったのですが、
観に行けてよかった。

実際に観ると、作品は、とてもあざやかできれいでした!

じーっと作品に近づいてじーっくり観ていましたが、
すごく細かいところまで描かれている。

印刷されたものや画像では、北斎の作品を知っていましたが、
やっぱり見比べるとちがいます。

線というか深みがちがったというか。

うまいこと言えないのですが。

 

昔に生きていた北斎が、
現代になってもまだ評価されていたり人気があるのって
スゴイことです。

古くならないというか。常に新しいというか。

 

ちょっと興味あるかなぐらいの感情でも
実際にやってみたり行ってみることをおすすめします。

より「好き」が深くなるかもしれないよ。

やっぱり遠いしいいや、めんどうだ。とおもってやめたら
なにも経験できないので、行けてよかったとおもいます。