栗ごはんを食べて秋をたのしむ。

スポンサーリンク


秋になると父親が
栗をひろってきます。

毎年の秋の楽しみでもあります。

 

今回はもらってきた栗ですが、

30コ以上もあったので、
その半分をさっそく栗ごはんにしました。

 

栗の皮をむくのは大変ですが、

水に1時間以上つけると
皮がむきやすいとのこと。

実際に、
30分ほど水につけてからむきましたが、

鬼皮といわれる固い皮はむきやすいのですが、
渋皮はやはり残りましたね。

残った渋皮は、包丁でむきます。

そういう一手間はありますが、

毎年、秋ならではの、旬をいただいています。

 

こどものころは、季節のイベントがあったので、
季節をとても意識していたようにおもいますが、

おとなになったら、絶対になにかのイベントがあるわけでもないし
季節を楽しむことは少なくなります。

 

だけど、

なるべくなら季節をたのしみたい。

そのたびに新鮮な気持ちになったり、
あらたな発見があったりして、

それだけで、
いつもと違う日になりそうです。

季節ならではのものを楽しむことは、
それを楽しむ人にしかわからない。

なんだか、贅沢なことである気がしてきました。

 

スポンサーリンク







ABOUTこの記事をかいた人

Jin

新卒から約半年で会社をクビになった経験を引きずっているのか、会社勤務へのイメージが悪い。 モノと時間と場所にしばられない暮らしがしたいナマケモノ主婦です。