なまけもののTVライフが、うまくいくための法則とはなんだ?

スポンサーリンク


こんにちは!ナマケモノ主婦のJinです。

わたしは、基本的になまけもので、ついつい自分にあまくなってしまいます。

今までは、あまりおもしろくないテレビでも、だらだらと観てしまっていることも多かったですが、最近は少なくなりました。

なまけもののあなたがうまくいく57の法則 (だいわ文庫)

この本の中で、著者の本田直之さんは、

原則として録画した番組しか見ません。
と書いています。

おもしろくなくても観てしまうのがテレビの恐ろしさとのことですが、
本当にそう。

過去にひとり暮らしをしていたときには、

家に帰ったら、まず電気つけてテレビつけてパソコンつけてと
様々な電源をつけていたことを思い出します。

そしてテレビを観ながら、流しながら寝るみたいな (これは極端?)

音がしていれば寂しくない。現実逃避みたいな感じだったのかも。
それぐらいテレビを観ていなくてもつけていましたね。

だらだらせずに、意味のある時間を過ごせていれば、なにかが違ったのでは?とおもいますが…。

 

ナマケモノのわたしは、最近では本田さんのように録画してテレビを観ることが多いのです。

若いころに比べて、リアルタイムで観たいテレビ番組は減りましたが、
それでも観たいドラマなどは録画しておき、最終回をむかえたら一気に観ることもあります。

録画の良い点は、
・長いCMは飛ばせるし
・途中で停止もできるし
・ドラマなどは続きが気になってもすぐ観れる(一気に見ているから)。

放送時間にとらわれずに、好きな時間に好きなことができる。

これが、わりと自分には合っているのか、
こんな感じのテレビライフです。

 

ナマケモノさんはこちら

 

 

スポンサーリンク







ABOUTこの記事をかいた人

Jin

新卒から約半年で会社をクビになった経験を引きずっているのか、会社勤務へのイメージが悪い。 モノと時間と場所にしばられない暮らしがしたいナマケモノ主婦です。