ハイエース旅行

知ってほしい「子どもは作ろうとおもえばいつでもできる」は簡単ではないことを【妊活】

ナマケモノ主婦のJinです。ども。

現在放送中のドラマ「隣の家族は青く見える」は妊活がテーマですね。

待ってました!とばかりに楽しみにしてました(笑)

妊活についてのドラマは今までなかったように思いますし、たくさんの人に知ってほしいテーマでもありますしね。

あ、深キョンが好きなのもありますよ!

 

妊娠や妊活について正しい知識がない人が多すぎます。

ってわたしも詳しくはないんだけど真剣に考えています。

 

「子どもは作ろうとおもえばいつでもできる」はそんなに簡単ではないんですよ。

もし子どもを産みたいならしっかり考えましょうということです。

 

不妊症の半分は男性にも原因がある

不妊症の原因

  • 男性のみ 24%
  • 男女両方 24%
  • 女性のみ 41%
  • 不明 11%

WHO(世界保健機関)調べ

不妊は女性だけの問題ではありません。男性にも原因があります。

精子と卵子の両方から受精卵ができるので、そりゃ男性にも可能性がありますよね。

ふつうに考えれば分かるのですが、理解してない人が本当に多いのです。

 

知らない人も多いのではないでしょうか。

男性も知ってほしい情報です。

 

不妊症と治療方法

1年以上避妊なしの性交を続けても妊娠に至らなかった場合は、検査するまでもなく不妊症と言えるそうです。

不妊の原因は様々ですが、病院で検査をしても原因を特定できないこともあるし、治療したからといって必ず妊娠するわけでもない。

経済的、時間的な負担に加え、身体的、精神的にも少なからずダメージを受けます。

 

治療するには覚悟が必要だということですね。

不妊治療の方法

タイミング法

人工授精

体外受精

タイミング法とは、排卵日に合わせて性交渉を持つことにより妊娠確率を高めようというものです。

それを何度かやってもダメな場合は、人工授精や体外受精へと移行していくので、心構えも必要。

 

子どもは作ろうと思えばいつでもできる・・?

わたしは20代半ばで結婚しましたが、当時は子どもが欲しいとは思っていませんでした。

30歳になってからやっと子どもについて考えだしたほど。

当たり前のように子どもはできるとおもっていたし、いつでもできると思っていたからです。

 

そのあと実際に30歳で妊娠したけど流産してしまいました。

それがツラくて悲しくて申し訳なくて。

残酷なことにその流産をきっかけに、子どもについて真剣に考え、調べはじめました。

 

そして今に至るって感じです。

今年で33歳になる年だけど、いまだに授かれてはいません。

 

「子どもはいつでもできるわけではない」ということが分かってしまいました。

自分には関係ないと思っていましたが、だれにでもその可能性はあるということです。

 

いまは、結婚してる夫婦の6組に1組は不妊治療してるそうです。

年齢とともに妊娠力は確実に低下しますしね。

やはり焦ってしまいますよ。

 

タイミング法でも簡単にはいかない

ちなみに昨年は病院へ通いタイミング法をしていました。

病院は混んでいて待ち時間もかかるし、1ヶ月のタイミングに合わせて何回も通わなければいけないし、精神的にも苦痛だしでしんどくなってしまってやめてしまいました。

 

実際には病院へ通ってタイミング法を試したのは3回ぐらいです。

病院との相性が悪かったのもありますし、途中で交通事故があったりしたしね。

そのときの不運が重なったのかもしれませんが。

 

タイミング法にへこたれてやめていては、不妊治療をステップアップさせたら大変なことは分かっているし、耐えられるのかという不安はありますけどそれでもしんどいものですね。

ほんとにうまくいきません。
男性は、男性にも不妊の原因があることを知ってほしいし、

女性も、いつでも欲しいときにすぐできると安易に思わないでほしい。

って感じています。

それじゃまた。

関連記事:【妊活中】交通事故にあったストレスで生理がとまってしまった!?