ハイエース旅行

新日本海フェリー小樽~新潟 !あざれあの客室「ツーリストA」感想

こんにちは!

8月の北海道をハイエースで車中泊をしながら、旅行してきました。

4日目は小樽を観光して、15時にはフェリーに乗って北海道を出ました!

そんな今回は、小樽から新潟までのフェリー「あざれあ」の客室ツーリストAについて紹介していきたいと思います。

Sponsored Link

小樽フェリーターミナルへ

ハイエースで北海道旅行4日目は小樽観光をしてきました。

小樽観光地を出たのが14時すぎ。

小樽フェリーターミナルから新潟まで向かうフェリーは

・小樽17:00発→新潟(翌日)09:15着

の便です。

通常は出港の1時間前までに到着する必要があるようですが、私たちが北海道へ行った時期は夏休みということで90分前の15:30までにお越しくださいとのことでした。

小樽を出発するのは17時の予定なので早いような気もしますが、仕方ありません。

また、小樽市観光駐車場から小樽フェリーターミナルまではグーグルマップで約10分。

かなり近いです!

とはいえ、向かうには早すぎるかなと思い、近くにあったイオン小樽店に入ったのですが、そこでビックリしたことが!

その理由は…

駐車場が有料だったことです!w

地元にもイオンはありますが駐車場は無料。

なので思いもよりませんでしたが、まさかの有料駐車場でした。

とはいえ、最初の1時間は無料で、施設内で1000円以上の買い物をすれば4時間無料になるようです。

ご飯を買ったのと1時間以内に出たので、駐車場料金は払っていませんが、こんなことってあるんですねw

Sponsored Link

関連記事:

新潟〜小樽のフェリー「あざれあ」の部屋は?wifiの電波はある?

新潟から北海道までのフェリー!料金や移動時間、客室は?【車旅】

「あざれあ」客室のツーリストAの紹介

北海道~新潟間のフェリーの復路は「ツーリストA」を選びました。

こちらは、とにかく料金を安くしたい方にはおすすめです!

ちなみに往路は「ステートルームAツイン」にしました。

そのときの紹介記事はこちら
▶︎新潟〜小樽のフェリー「あざれあ」の部屋は?wifiの電波はある?

客室「ツーリストA」の中に入るとこんな感じ。枕の反対側です。

内側にロールカーテンが付いていて、青いスクリーンを下げてプライベート空間になります。

下に磁石がついていて、ピタッと閉まるようになっていました。

また、枕元には、電気と電源コンセントがひとつありました。

本当に寝るだけのスペースといった感じです(*´ω`*)

こちらは枕の方に横になって見上げるの図です。

奥に、小さな換気扇?クーラー?があったのですが、開くか閉まるかのみの調整となっていました。

その下に荷物棚があり、手前には何かをかける場所や、てすりもあります。

中のスペースは、179cmの夫がでも足をのばせるぐらいでしたよ!

「あざれあ」客室のツーリストAの感想は?

ツーリストAの客室を夫婦で隣通しでとったのですが、外から見たらこんな感じです。

ロールカーテンをあけて話すことはしませんでしたが、もし話すとなるとうるさいでしょうし、部屋の前を通る人にバッチリ見られるくらいの近さでした。

実際に、誰かが近くで話していた会話もバッチリ聞こえてきます。

話し方にイライラしてしまったり笑ってしまうほど。

他にも近くで缶ビールをあけるプシュッという音や、お菓子の袋を開けて食べているような音、靴をパタパタ歩いている音まで聞こえてきます。

さすがに就寝時間にそのようなことはないでしょうが、神経質な方や敏感な方はやめたほうがよいでしょう。

ちなみに、就寝時間もまたどこかで誰かのいびきが聞こえてくるほどですw

「あざれあ」のトイレがきれい

17時に小樽港を出発したフェリーですが、20時前には夫がもう眠いといい、ぐーすか寝てしまいましたw

ということで私もメイクを落とし完全に寝る準備をすることに。

ツーリストAは本当に寝るだけのスペースなので、共同のトイレへ向かいます。

往路の客室はステートAツインでトイレ付きだったので、このとき初めて共同トイレを利用。

トイレやシャワーブース付きの個室もたくさんあるためか、共同トイレは人も少なくてラクでした。

そして何よりトイレは広く、きれいでした。

貸し切り状態!w

そして北海道旅行5日目の朝。

メイクをしにトイレへ向かいましたが、メイクするスペースもあり有難かったです。

そして朝もまた誰もこない。貸し切りでした(*´ω`*)

ということで朝9時15分には新潟に到着。

そこから一般道で寄り道をしながら自宅まで帰ったのでした。

まとめ

「あざれあ」の客室ツーリストAは本当に寝るだけのスペース

「あざれあ」の客室ツーリストAはとにかく安ければいい方にはおすすめ!

正直当日その場所では、ツーリストAでのイヤなところばかり気になってしまっていました。

行きはのステートルームAツインでは全く気にならないことでしたからね。

寝れんかも…とまで思っていましたが、後になっておもうことは、倍楽しむことができてよかった!ということです。

新日本海フェリー小樽~新潟間のフェリーで行きも帰りも違うタイプの客室を利用できましたしね(*´ω`*)

ということで「ハイエース車中泊の北海道旅行」はいったんこれで終わりになります。

また、まとめたり細かい記事を更新するかもしれませんが!

それじゃまた!

Sponsored Link