ハイエース旅行

小樽観光!駐車場のおすすめは?無料はある?【ハイエース旅行】

こんにちは!

8月の北海道をハイエースで車中泊をしながら、旅行してきました。

オロロンラインのドライブが最高でしたし、旭山動物園でも癒されてきました(*´ω`*)

そして4日目は、小樽を観光してきましたよ~!

そんな今回は、

小樽観光を楽しむ!駐車場のおすすめは?無料はあるの?についてまとめていきます。

Sponsored Link

北海道旅行4日目は小樽観光!

北海道旅行4日目は小樽観光にしました。

その理由は、この日の小樽発~新潟行きのフェリーに乗って帰るので、移動を少なくするためにすでに小樽へ行こうということで決定!

もともと4日目の予定は札幌にしていたのですが、けっきょく小樽になりました。

気分は変わるものですねw

とはいえ、札幌は行ったことがあるけど、小樽はなかったのでちょうどよかったのかもしれません(*´ω`*)

小樽運河のあたりをゆったり散歩がてら歩こう

ってな感じです。

ということで小樽を目指して、道の駅「たきかわ」を8時13分に出発(遅すぎ)し、一般道を通って小樽へ向かいます。

小樽市に入ってあたりから急に混雑!

やはり車が多くて渋滞しているのか~なんて思っていたら事故だったようです。

そして途中に寄り道したり燃料を入れたりしながら、小樽に到着したのは11時40分ごろになりました。

Sponsored Link

関連記事:

オロロンラインの観光や絶景スポットは?取り締まりも厳しい?

旭山動物園の駐車場は無料が便利!混雑の時間やおすすめは?

小樽観光!駐車場に無料はある?

車で行くなら必ず気になるのが駐車場ですね。

調べてみたのですが、

小樽観光スポットには、無料の駐車場はないようでした。

観光場所としての駐車場はないのですが、

  • 小樽市総合博物館運河館
  • 市立小樽美術館

を利用するためにある駐車場は無料で使用できるようです。

ですが、もちろん施設利用者専用です。

なのでこの駐車場は施設利用の際に利用すべきだと思い、他を探すことにしました。

小樽観光!駐車場のおすすめは?

小樽観光でおすすめの駐車場は、

小樽市観光駐車場

大きな観光スポットには、その市が運営する駐車場があることが多いので調べてみるとやはりありました!

周辺には有料パーキングはたくさんあります。

ですので無料の駐車場はあきらめ、なるべく安めの駐車場を探そうかと思いましたが

有料パーキング1時間の値段を気にしながら探すのも面倒になったのでw

小樽市観光駐車場に停めることにしました!

利用料金は、普通車1日600円(1日限り)です。

観光時間にもよりますが、何時間いるかも未定でしたし、駐車時間も気にしたくないのでちょうどよかった(*´ω`*)

そんなに長居しないだろうと思っていた小樽観光も14時過ぎまでいました!

とはいえ、小樽観光周辺の有料パーキングで安いところでも1時間200円ぐらい~ですので

1~2時間しかいないのならそちらでも良さそうです。

いざ、小樽観光へ!小樽運河!

小樽市観光駐車場から人が賑やかなほうへ歩いていると、小樽運河クルーズの場所があります。

かなり人気のようで列ができていました!

小樽運河クルーズは、約40分間のクルージングを楽しむことができるそうです。

料金は、

  • デイクルーズ 一般1500円
  • ナイトクルーズ 一般1800円

とのことで、小樽市民や団体や福祉割引はあるようです。

夫も乗りたがっていたのですが、私はなんとなくノリ気になれず今回は乗らずでした(夫よ、ごめんw)

小樽観光地は、

ガラスのお店や食べ物屋、お土産屋などがずっと並んでいて、歩いても歩いても続いていましたw

お店が並ぶ通りはすぐ終わるのかと思いきや、意外と大きな街でした!

まわりきれなかったほどです。

気になるお店があれば入ったり、ソフトクリームを食べたり、お土産買ったりして過ごしました。

小樽観光地には、ロイズの生チョコやポテトチップスチョコなど、六花亭のマルセイバターサンド、じゃがポックル、白いブラックサンダー、白い恋人などなど!

北海道の有名なお土産は、ほぼここにそろっている!というぐらい充実していたのでよかったです。

ちょっとウキウキしてしまいましたw

私はロイズの生チョコやポテトチップチョコなどが好きなのですが、溶けてしまうのが気になって購入できなかったのが残念です。

なんだか気になる場所だったので撮影。

これもなんとなく撮影したくなった場所でした。

それにしても小樽は、中国人ばかりでしたw

小樽観光地のレジも、中国人が戸惑わずに支払えるように、ユニオンペイやアリペイなどが取り扱ってありましたし。

また、ここは中国か?と錯覚してしまうほどの日本語がない場面もあったりでビックリでしたよ。

まとめ

小樽観光の駐車場はあらかじめ調べるとラク!

小樽観光地では、北海道のお土産が充実している

人は多かったですが、のんびり歩くのもまた楽しい場所でした。

夜の小樽はライトアップされているようでまた違った雰囲気を楽しめそうです。

ということで「ハイエース車中泊の北海道旅行」次の記事に続きます(*´ω`*)

Sponsored Link