Facebook Page

ざっくりニットは、骨格診断ストレートさんには違うみたい。

こんにちは!骨格診断を参考にしているJinです。

自分に似合う洋服を知りたくて、骨格診断を参考にしています。

わたしの骨格診断はストレート(だと思います)。自己診断です。

 

この冬のワンマイルウェアは、ワンピース+レギンスかパンツと決めてニットワンピースを購入していました。

着る洋服に悩む時間をなくしたいので、毎日をラクにするためにワンマイルウェアの制服化をしようと考えていたからです。

 

が…


少ない服でも素敵に見える人の秘密

Kindle版はこちら

を参考にすると、

このニットワンピースはナチュラルタイプのアイテムっぽいのです。

もっと早く知りたかったー・・・

 

ナチュラルタイプに似合うベーシックアイテムは、とにかくビッグシルエットに心がけて。となっていて、タートルネック欄には、太い糸でざっくり編んだニットが選ばれていました。

これはワンピースではあるけど、素材やデザインはおなじだし大きいので、

「このワンピースはストレートじゃないかも…」

と判断。

中に着込んでもこのままだと寒いので、外出時はアウターを羽織ります。

そうすると

「げっ、太って見える」

とよけいに着ぶくれ感が分かりやすく出ていて、さらに納得。

ストレートは着丈も身幅もジャストサイズが鉄則だそうです!

 

似合う洋服が分からなくても、似合わない洋服や雰囲気は分かります。

シルエットも重要ですしね!

骨格診断の自己診断はむずかしいけど、消去法で洋服選びをしていけばこのタイプ違うことにわかる。

洋服選びに悩むなら、こういう方法もありですね!

関連記事:失敗しないための好きなファッションやなりたいイメージがほしい。