ジョージア出身の栃ノ心が幕内初優勝!【大相撲】

スポンサーリンク


こんにちは。相撲好きのJinです。

平成30年1月場所の幕内最高優勝は、栃ノ心になりましたね。

 

平幕の優勝は約6年ぶりだそうです。

わたしが相撲を観だしてからは初めての平幕優勝だったので勝手に感動しました。笑

前に名古屋場所へ観戦に行ったときに会場へ入っていく栃ノ心を間近で見たからか、応援してましたよ。

おめでとうー!

 

幕内優勝を決めた栃ノ心

12日目で単独トップに立ち、14日目にして優勝を決めました。

栃ノ心が勝てば、幕内最高優勝が決まる14日目。

見事、松鳳山に勝ち、入門12年で初優勝を掴みました。

 

取組後のインタビューにて栃ノ心は、

「いつか優勝したいなという気持ちがありましたけど、今場所この日来るとは思ってなかったです」

と男泣き。

そんな栃ノ心のインタビューをみて、こちらも泣けてしまいましたよ。

 

三役に上がった後に大ケガをして4場所も休場して幕下55枚目まで下がってしまって、何度かやめようと思った時期もあったようですが、師匠や母国の家族やファンの励ましなどがあり今に至ってるそうです。

インタビューでも感謝の気持ちをたくさん口にしてました。

 

みんな取組後に風呂に入ってから帰るらしいのですが、その中でも栃ノ心は、お風呂に入る時間が長いほうとのこと。

そして風呂から出た後は、記者の質問に15分ほど丁寧に答えていたそうです。

 

千秋楽の一番はもう優勝が決まっているけど相撲が甘くならずに、集中してましたね。

勝って終えたので、かっこよかったです。

 

相撲界はまだまだ騒がしそうなのが残念なところですが。

いい写真で終えましょう!

それじゃまた。

合わせて読みたい

スポンサーリンク







ABOUTこの記事をかいた人

Jin

新卒から約半年で会社をクビになった経験を引きずっているのか、会社勤務へのイメージが悪い。 モノと時間と場所にしばられない暮らしがしたいナマケモノ主婦です。