ハイエース旅行

【CDを減らす】悩んでいる時点で、それはもう要らないよね

身軽に生きていきたいJinです。ども。

絶対必要なものって、悩むこともなく残しますよね。

手放すか残すかで悩んでいる時点で、それはもう要らないって話です。

いままでCDをなかなか減らせなかったのですが、やっと枚数が減ってきました。
そのためにしたことです。

また聴きたいCDなのか

まずはまた聴きたいCDかということ。

たとえCDが無くても、聴きたくなったらすぐ聴ける環境ですよね。

ちょっと見たいだけならYoutubeに公式でPVが上がっているだろうし、それで満足するならたぶんそのCDはなくても困らない。

 

もしそれで満足できなくても、音楽はすぐ買える時代、データで管理している時代。

iTunesやAmazonでもすぐ買えますしね。すぐパソコンで聴けちゃうよ。

またレンタルしてまで聴きたいわけじゃないなら、やっぱり要らない。

実際に聴いてみた

頭で考えていても判断できないときは、実際に聴いてみます。

すると、「あ、いらんかも」ってものが多かった。

 

いままで捨てられないなと思っていたのに、実際に聴いてみたらすぐ結論出ちゃいましたよ。

 

とりあえずデータは残したけど、潔く手放す決心がついてました!

もしこのデータが消えちゃっても、もうレンタルしてまで聴かないなって思うなら、もういまの自分には必要ないんです。

DVDも再生してから判断

ちなみにDVD付きのCDは、もったいない気がしてまず捨てる気にならなかった。

 

でも「もったいない」という理由が残す基準だと絶対減らない。

このままじゃ減らせないままなので、CDだけじゃなくDVDも再生して映像もみてみた。

 

再生するのすら久しぶりだったらしく、いつのまに傷がついていたのか再生されないものがあった。

なので即手放し決定。

 

再生できたものでも、実際に観ただけで、「あ、もうこのDVDは観なくてもいいいな」と判断できたりした。

実際に再生してみるもんですね。

行動してみれば、答えが見つかるものです。

 

 

完璧な状態で残しておきたいものは間違いなく必要なものだけど、それ以外はもう要らないという決断でした。

それじゃまた!

Sponsored Link