性別発表を手作り簡単ケーキでサプライズ!ジェンダーリビールを楽しむ

どうも、ナマケモノ主婦のJinです。

妊娠7カ月の健診で、やっと性別が発覚したので簡単サプライズ。

ジェンダーリビールほどではないけど、性別発表を簡単ケーキで伝えましたよという話です。

Sponsored Link

ジェンダーリビールとは?

ジェンダーリビールとは、

産まれてくる赤ちゃんの性別を、夫やパートナー、家族、友人に発表するパーティーとされています。欧米では一般的なイベントなんだとか。

バルーンを割ったら中から出てくる紙しぶきで、性別が分かる仕組みになっているようです。

ブルー(水色)なら男の子、ピンクなら女の子というような感じ。

ケーキの場合もおなじで、中のクリームがブルーかピンクになっているようです。

開けるまで分からないというのがおもしろい。みんなで赤ちゃんの誕生を待ちわびているのが、分かってほっこりします。

Sponsored Link

関連記事:妊娠記録|妊娠初期2ヶ月、つわりがつらい、心拍確認

性別発表をケーキで簡単サプライズ!

日本では「ジェンダーリビール」は浸透していないようで、私も妊娠して初めて知りました。

調べていくと、日本ではジェンダーリビール的な性別発表としてケーキを使ったものがあります。

これまたケーキの中身の色やフルーツで、男の子か女の子か分かるようにしているよう。

オーダーする人は、中身の色をピンクやブルー、自分流にお願いしたり
自分で作る人も、中身の色を変えたり、フルーツを自由に決めたりと

オリジナルに楽しんでいることが分かります。

私も「なんだか、楽しそう!やってみよう」と思い、簡単ケーキで実行してみることにしました。

簡単な作り方

私が作ったのは、なんちゃってケーキで

パンやロールケーキなどの間にフルーツを挟み、表面を生クリームで覆うだけのもの。

凝りすぎず簡単に仕上げてしまいました。

こんな感じに。

夏でクリームが溶けるし、手作り感満載で画像を見せるのは恥ずかしいですがw

ケーキの中身が
・バナナ→男の子
・キウイ→女の子

というカードを見せてから夫にケーキカットしてもらいました。

急いで作ったし暑いしで字は下手くそです(言い訳)が、表面には「Boy? or Girl?」と書いています。

他にもイチゴやチョコクリームなど本当に自由に好きなように作ればいいので、楽しいと思います。

夫がキレイにカットしてくれたので、よかったです。

キウイは男の子だと勘違いしていたので、はじめに見せるカードで伝えることはかなり重要ですw

スポンジではなく、パンを使いましたが食べてみると意外と普通。

美味しくいただきました。

ジェンダーリビールを楽しむ

ということでなんちゃって「ジェンダーリビール」をささやかに楽しみました。

単なる自己満ですねw

欧米のように家族や友人が集まってパーティーするなら、バルーンだと盛り上がりそうです。

「ジェンダーリビール」を知ったらやりたくなったので手作り感満載で下手くそだけどやってみたよという話でした。

せっかくなので楽しんでいきたいですものね。

それじゃまた。

Sponsored Link