赤ちゃんを起こさず移動できるチャイルドシート!トラベルシステム

どうも、ナマケモノママのJinです。

今回は、チャイルドシートとベビーカーはjoie(ジョイ―)のトラベルシステムを購入したのでそのお話です。

チャイルドシートやベビーカーを探していて、知った

トラベルシステム

赤ちゃんをチャイルドシートに乗せたまま車やベビーカーへ移動できるというものです。

これがかなり便利です。

Sponsored Link

チャイルドシートを選ぶ

私は普段から車で移動する地域に住んでいるので、チャイルドシートは絶対必要でした。

知り合いから聞いていたのは

回転するチャイルドシートがいいとのこと。

動かないものだと自分が車の中に入って、赤ちゃんを出し入れさせるので腰が痛くなるようです。

それでチャイルドシートやベビーカーをそれぞれ単独で探していたのですが、結構お値段するんですよね。

よくよく調べていくと、

赤ちゃんがせっかく車の中で眠っていても、家に入れるために赤ちゃんを取り上げたら起きてしまうのが大変らしい!というもの。

夜に赤ちゃんが寝てくれなくて、ドライブに行くことがあるって聞いたことがありました。

もしドライブ中に寝てくれてもさぁ家について入ろうってときに起きたら意味がないですよね。つらい。

何のための時間だったんだ!となりますw

で、いろいろ考え調べた結果たどり着いたのが、

joie(ジョイー)のトラベルシステムでした。

これはベビーシート(チャイルドシート)ごと持ち運びできるというもの。

赤ちゃんを取り上げるだけなら回転式でいいのですが、

トラベルシステムだとベビーシートごと持ち運べるので腰も痛くならないし、赤ちゃんが眠りから覚めないしで良さそうです。

Sponsored Link

joie(ジョイ―)トラベルシステムを購入

トラベルシステムとは

私が購入したのは、joie(ジョイー)トラベルシステム3ホイールベビーカー(ライトトラックスエア)+チャイルドシートJuva+i-Anchorベース。

購入の決め手となったのは、
トラベルシステムの使い勝手が良さそうだからです。

MEMO
「トラベルシステム」とは、

ベビーカー、チャイルドシート、ベビーキャリーの機能を1つに集約したシステムのことです。
赤ちゃんをベビーシートごと移動させられるので、ベビーカーやチャイルドシートにそのまま乗せられます。

欧米では定番のようです。

部屋で赤ちゃんをベビーシートに乗せたまま車に運べて、
車から出るときも、ベビーシートごと外して家の中に運べます。
そしてベビーシートごとベビーカーに乗せることもできるのでスムーズ!

つまり、

部屋で赤ちゃんをベビーシートに乗せてから車に運べるので、わざわざ狭い車内で乗せる必要がありません。

ですので、眠ってしまった赤ちゃんを起こすことなく移動させられます。

また、チャイルドシートをずっと車の中に入れて置くと、夏の場合熱くなりすぎるなんてこともないので安心です。

ということで、とても便利に使えそうなのが、決め手となりました!

↓私が購入したものはすでになかったようなので、同じようなタイプのものです。

トータル安い

トラベルシステム対応のベビーシートは、ほぼ1歳まで使用のものが多いようです。

私が購入したベビーシート(juva)も13㎏までなので、そのころにはまたこの部分だけ別のチャイルドシートに買い替える必要はありますが、

それでも赤ちゃんが眠ってくれない時期こそが大変とのこと。それを乗り越えられるのなら充分だなと感じました。

私が購入したジョイートラベルシステムの価格は、約49,000円ほどでしたが、

通常、回転式のチャイルドシートだけでも4万円(もっと安いものもあります)はしたりするので、

ベビーカー買って、チャイルドシートも買ってと1つずつ単独で買うよりもこれ1つ買う方がトータル安くなるというのも良かった点です。

機能も値段も満足♪

次は使った感想・レビューの記事を更新予定です。

それじゃまた。

Sponsored Link

4/23追記:使用した感想レビュー

joie(ジョイ―)トラベルシステムのレビュー/チャイルドシート