思い出のものを捨てる。思い出が…と悩むから捨てられない

どうも、Jinです。

どうしたらモノが減らせるのかといつも考えてますw

特に最近は、本類を減らすことができているのでその話です。

もう読んでいないけど、捨てられない本や漫画たち。それはもう思い出になっているからなのかもしれません。

Sponsored Link

思い入れのある漫画が捨てられない

思い入れのあるものって捨てられないですよね。

それぞれ思い入れがあるものや思い出のものは違うとはおもいますが、ずっと捨てられずに置いてあったものは

学生時代に読んでいた漫画たちでした。

漫画が好きでよく読んでいましたが、ある程度は処分。それでもどうしても捨てられずに残っていた漫画たちです。

懐かしい…
当時の思いがよみがえってくる

手をのばしても、読む気にはならないのに捨てられない。

やっぱり思い入れがあるからでしょうか。

ちなみに、卒業アルバムは簡単に捨てました。これは思い入れがないからでしょうねw

Sponsored Link

関連記事:卒業アルバムを処分したけど後悔してない!

今の自分に必要ないなら、捨てる

ということでもう読みそうにないのに、捨てられずにいた漫画たち。

ですが、なんとかしてモノを減らしたい!決断できないものかと思い、

ゆるりまいさんの「わたしのウチにはなんにもない。」を見返してみました。

すると、

常に「今」の自分に必要か問いかける。

という文字が。

それだけで「あ、要らないや」と思えました。

思い出はあるし、懐かしいんだけど、今はもう読まない。

今現在の自分には必要ないなと分かっているのに、捨てられずにいたのですし、

私は過去の思い出にひきずられていただけだったようですね。

思い出のものとなると少し判断できずにいましたが、初心に戻ればよかっただけのようです。

モノを減らすときに、今の自分に必要かどうかを考えることは、とてもシンプルなことなんですがw

思い出の本を捨てた

そう思ったら即行動。思い出の本や漫画たちを紐でまとめました。

こういうのは、勢いが大事です(わたしの場合は)。

少しずつですが本も減ってきました。

一気に決断できず、スローペースになってるのは自覚してますが、納得して減らせているので、よし!なのでした。

本は、リサイクルされる場所へもっていきます。いざ。

それじゃまた。

Sponsored Link