ハイエース旅行

うまく自分のカラダとこころと付き合っていきたい。

ナマケモノ主婦のJinです。どうも。

最近なんだか、ぼーっとしています。

なぜかモヤモヤするときってありますよね?

無気力になるというか。
ざわざわするというか。

伝わります?笑

 

こういう時期が1ヵ月に1~2回はやってきます。

ちょうどそんなことを思っていたからか、

はあちゅうさんの「自分への取材が人生を変える」を読んで、

いまの自分の状況と一緒?!という部分があったのでちょっとホッとしたよって内容ですよ。

[voice icon=”https://nomadolife.net/wp-content/uploads/2016/10/003.png” name=”Jin” type=”r”]自分だけじゃないんだこの状況[/voice]

カラダとこころの状態を知って対処しよう

このなかの「体と心の健康」についての章で、

メンタル面では、1カ月に1、2回、心がずんと沈んでしまうことがあります。ホルモンのせいなのかもしれませんが、特に予告なく、急に気持ちが暗くなったり悲しくなったり、あとは朝起きた瞬間から、何か気がのらずに、「今日は原稿が書ける気がしないなー」という日があります。

と書いてあるではないか!
わたしはいまこんな状態のときです。

しかも定期的にやってくるので、さっきまで調子いいと思っていても突然こうなります。

 

わたしだけじゃなかったんですね。

いままでこの感じを繰り返してきたので、もう当たり前でしたよ。

でもどうすることもできなかった。

 

最近、じぶんの体調を把握するために、こころが沈んだ日や気分をメモしてたんですよ。

そしたら1ヵ月に1回は必ず、その期間がやってくることが分かりました。

どうしたら体調をコントロールできるのだろう。
うまくじぶんのカラダとこころと付き合っていけるのだろう。

とおもっていたときにこの本を読んだってわけでした。

あきらめてよく眠ること

はぁちゅうさんは、低気圧に弱いようで、天気が悪い時にこうなるんだそうです。

だから「自分だけは特別だ」とか「調子悪いのは自分のがんばりが足りてないんだ」とかは思わずに「今日は
そういう日なんだな」と思って、あきらめて寝ることを心がけています。

 

なるほど。

無理したり頑張ったりする必要はないんですよね。

自分で自分のことが分かっていて、対処法まで分かってるって

ちょっと人生、気がラクになりそうです。

 

ひとそれぞれにタイプがあって時期や対処法は違うとは思うけど、

自分なりに状態を把握して対処していかねば。

ただのナマケモノじゃなく、意味もなくやる気がないときもあるということでした!

それじゃまた。


自分への取材が人生を変える