読書で変える!内容をアウトプットしてよく理解する。 | ナマケモノマド

読書で変える!内容をアウトプットしてよく理解する。

内容をアウトプットしてよりよく理解する。

こんにちは。ナマケモノ主婦のJinです。

本を読んだり学んだりした知識を活かすためには、どうしたらいいのか。

それはやっぱりインプットしたらアウトプットすることが重要だそうです。

Sponsored Link

アウトプットをしたほうがいい理由とは

今回参考にした本はこちら。

アウトプットしたほうがいい理由は、

本は1回読んだだけではインプットされにくいからです。

読んだことしか覚えていなかったり、一部を覚えていたとしても、しだいに忘れたりします。

それじゃ意味がないしもったいない。

自分を成長させたいならアウトプットしていく方法がいいです。

ブログに書いてもいいし、家族や友人に話してもいいし、あなたのやりやすい方法でしましょう。

そうすることで、1回は自分のなかで考えることができるし、まとめることで分かりやすい。
よって、より記憶に残りやすいのです。

Sponsored Link

アウトプットをする方法

たとえば、いまの行動を変えたくて本を読んだのなら、
その方法が本に書いてあったらその内容をやればいいです。

そっくりそのまま。

もし自分に合ってなかったら、その行動はやめて、またちがう方法を試せばいいだけのこと。

むずかしく頭で考えてしまって、やめてしまうより動き出したほうが早いってことのようです。

アウトプットをするためにマインドマップをする

読書が「知識」と「行動」に変わる本 のなかでは、

あたまのなかで行われてることを目に見えるようにするマインドマップという方法をおすすめしています!

ビル・ゲイツやアル・ゴアなど多くの世界的なリーダーが活用していて有名ですね。

またアインシュタインやピカソも、このマインドマップの原理が使用されていたとのこと。

そもそも人間の脳は忘れるようにできているそうなので、忘れたくないなら覚えるための対策は必要です。

いま、わたしは読書をしたり学んだりしてインプットしたら、マインドマップをつくったりこうしてブログ記事にしたり、家族に話したりしています。

大まかなことだったら、いまの自分に置きかえて考え、行動しています。

ほんとうに身に付けたいことなら1回と言わずになんどでも行動するべきなのですね。

Sponsored Link