洗濯マグちゃんを自作!作り方、2週間使用した感想

どうも、ナマケモノ主婦のJinです。

今、洗濯洗剤や柔軟剤をやめて「洗濯マグちゃん」で洗っています。

というのも出産するにあたり、ベビー用の洗濯洗剤があることを知りました。

何が違うのだろう?

そもそも私自身もアトピーだし、これを機にもっとよさそうな洗濯洗剤はないものだろうか。

と思い、調べた結果「洗濯マグちゃん」にたどり着きました。

コスパも考え、自作。そして2週間使ってみた感想です。

Sponsored Link

洗濯マグちゃんを購入

7月の購入品で紹介していた「洗濯マグちゃん」

「洗濯マグちゃん」と洗濯洗剤の混合でやっていこうとお試しで1個購入していました。

ですが、それでは比較しにくいかも?と思い、洗濯洗剤なしでやってみることに。

とはいえお値段が…。

ということでコスパを考えて、もう1個は自作。手作りして使ってみることにしました。

Sponsored Link

洗濯マグちゃんを自作!作り方は?

用意したもの

今回「洗濯マグちゃん」を手作りするために用意したものはこちら

  • マグネシウム
  • 洗濯ネット
  • 排水口ネット

「マグネシウム」はネットで購入しました。

99.98%で純度。

化学成分不使用で赤ちゃんの肌にも安心と書かれています。

赤ちゃんの洗濯洗剤として使えるということは、アトピーの私にも優しそう。

今までインナーの素材などは気にしてきましたが、もっと洗濯洗剤や柔軟剤にも早く気をつけるべきでした。

効果あるといいな。

中身はこんな感じ。つぶつぶ。


ピュアマグ 純マグネシウム 粒 500g 超高純度 99.98% 化学成分フリー 直径6mm

「洗濯ネット」は100均で購入。
真っ白だけのものが良かったのですが、なかったのでこちらに。少し大きめです。

そして「排水口ネット」は家にあるモノを使用しました。

作り方

作り方は簡単です。

手順1
マグネシウムの量
自分が必要としてるマグネシウムのグラム数をはかる

手順2
排水溝ネットに入れる
中でこぼれるかもしれないので一応排水溝ネットにいれて結ぶ(これはなくてもそのまま入れても大丈夫かも)

手順3
洗濯ネットに入れる
排水溝ネットに入れたマグネシウムを洗濯ネットにいれる

手順4
完成

以上。

拍子抜けするほど簡単ですw

使用量の目安(洗剤不使用の場合)

・洗濯物約5kg以下、洗濯マグちゃん2個
・洗濯物約7kg以下、洗濯マグちゃん3個
・洗濯物約9kg以下、洗濯マグちゃん4個

となっているので家にある洗濯機を見て作る量を決めていくとよさそう。

うちは5kg以下なので洗濯マグちゃん2個でした。

ちなみに市販の「洗濯マグちゃん」にはマグネシウムが50g入っています。

2週間使ってみた感想

ということで「洗濯マグちゃん」と自作したものを2週間ほど使っているので感想です。

はじめのころは変な匂いは残っていませんでしたが、2週間を経過したいまでは少しにおいが残っている気がします。特にタオル系。

とはいえ、もっと使って長い目でみていかないと分かりません。

私はこのまま使い続けて様子を見ていこうと思ってます。

そろそろ自作の洗濯マグちゃんにはメンテナンスが必要なのかも。

次は「自作の洗濯マグちゃん」メンテナンスなどについてもまとめていこうと思います。

関連記事:洗濯マグちゃん(自作)のメンテナンス!お手入れ方法は?

 

そして、私が用意した排水口ネットが小さすぎたのか、結んでもマグネシウムが出てしまっていたので

マグネシウムを排水口ネットにいれずに、洗濯ネットにそのまま入れて使っていました。

ま、これでも大丈夫だろう

と思っていたのですが考えが甘かった…

一度だけマグネシウムが洗濯ネットから飛び出て、洗濯槽に散らばっていました。

こうなると面倒だし、拾うの大変ですw

ということで改善点としては、

結んでもほどけないような排水口ネット的なものに入れるとか

洗濯ネットのチャックの部分を動かないようにタグ?のところにしっかり入れ込んでから使うなど注意が必要です。

ま、ここら辺は自作なので仕方ないですね。試行錯誤して使っていきます。

ということで「洗濯マグちゃんを自作!作り方、2週間使用した感想」でした。

それじゃまた。

Sponsored Link