【自給自足】18ヶ月後のためのシイタケ作り。

こんにちは。自給自足を目指したいJinです。

父親が知り合いからもらってきた木。

これはうまくいけばきのこ類ができるものです。今回は、シイタケとなめこを作るための作業をしまっす。はじめてのことなので、いろいろ体験できて楽しい。

まず、コケとかをこすって表面をきれいに。こだわる人はとことんきれいにするらしいけど、うちはだいたいで。

途中でこのワイヤーブラシのワイヤーがなくなるほど。

まさか!笑

なくなるなんて予想してなかったので、ビックリ。これがダメになったので、釘に変えて作業を。

そして木にドリルで穴を数十個ぐらい開けます。

ここで椎茸の種菌登場!500個入り!

中身はこんな感じ。

木?みたいなの1個1個に菌がついていて、それを

さっき開けた穴に入れて

トンカチで押し込みます。

これで完成。あとは放置。18ヶ月後には椎茸がはえてくるそう。

椎茸は大小合わせて18本出来上がり。

続いて、なめこの種菌も500個入り。

ちなみに椎茸となめこ合わせると1000個も穴を開けたわけだ。

このなめこの種菌を見ても椎茸と何が違うのか分からないぐらいおなじ感じだったけど、

そんなこんなで、なめこは大6本出来上がりました。

これらの椎茸やなめこができるのは、18ヶ月後だから、今年の冬も超えて、来年の秋に出てくるらしい。

時間かかるー!初めて菌を仕込んで作りはじめたのでうまく出てくればいいけど。いろんな体験ができていろいろ知れて楽しい。

それじゃまた。

出来上がりはこんな感じ。以前の記事↓

椎茸はこうやってできるんですって。