ハイエース旅行

女子マンガの世界!おすすめや人気は?少女マンガとの違いも!

こんにちは。マンガ好きのJinです。

昨日のマツコの知らない世界は「大人がハマる!女子マンガの世界」でした。

少女マンガとは少し違うのですが、大人が見てもおもしろい女子マンガです。

そんな今回は、

「マツコの知らない世界」で紹介された女子マンガをまとめていきたいと思います。

Sponsored Link

関連記事:

東村アキコの漫画をおすすめ!東京タラレバ娘だけじゃない!

少女マンガとはファンタジー

まずは、番組で紹介してた少女マンガと女子マンガの違いについて説明します。

まず少女マンガとは、

「読者に夢と希望を与えるファンタジー!」

とのことです。

少女漫画は10代のときに読むような若さ?や青春が詰まっていますよね(*´ω`*)

少女漫画の代表と言えばこれ!

花より男子

内容は、貧乏な主人公がセレブ高校に入学し、イケメン4人組との紆余曲折を描いたラブコメディ。

ふつうではありえないファンタジー要素が満載です!

これはドラマ化も映画化もされていてあまりにも有名な作品ですよね。

とはいえ実際には、

セレブ高校にたまたま入ることも、たまたまモテてしまうことも、ないですよね…これこそまさにファンタジーの世界!

女子マンガとは絶望からの希望

そして女子マンガについても紹介していきます。

女子マンガは、現実以上に絶望を教えてくれる。
最終的には絶望を知った上でそこから希望を見出す。

といった内容になっています。

「マツコの知らない世界」で紹介されていた女子マンガについてもまとめていきます。

おんなのいえ

まずは「おんなのいえ」

内容は、29歳の主人公が仕事・恋愛・結婚など女性が抱える様々な問題と向き合っていくというもの。

リアルでヒントになることもあるのではないでしょうか。

1122

次は「1122」

これは、「公認不倫」を選んだ夫婦が主役です。結婚の嘘と真実 30代のリアルライフが描かれています。

結婚していても恋愛していいという、非現実な内容になっていますが

夫婦それぞれが同じ考えなら、それも「あり」なのでは?

たそがれたかこ

続いて「たそがれたかこ」

内容は、45歳バツイチ女性が第2の思春期として奮闘する涙の物語となっています。

45歳にはなっていないので、共感はまだできなさそうですが

気になります。

絶対に読むべき女子マンガ

「マツコの知らない世界」では、ほかにもおすすめが紹介されていました。

プリンセスメゾン

「プリンセスメゾン」

26歳の主人公が真面目に働き夢であるマンション購入を果たすというものです。

「海街diary」のようにささやかな日常の幸せを描いた作品とのことなので、イメージしやすいのではないでしょうか。

ちなみに、泣けるマンガなんだとか。

舟を編む

「舟を編む」

内容は、辞書作りに励む編集者たちが言葉の深みに触れながら成長していくヒューマンストーリー。

「重版出来!」のように出版業界の仕事をコミカルかつ感動的に描いた作品とのことです。

辞書編集部とは、ニッチな世界ですね(*´ω`*)

マリーマリーマリー

「マリーマリーマリー」

内容は、「結婚」に関してネガティブな情報が多い中 その素晴らしさや楽しさを痛快に描いたラブコメディ!

「逃げ恥」のように恋愛のときめきや結婚との向き合い方を描いた作品とのことです。

これから結婚する人は、ポジティブな結婚のイメージのほうがいいよね。きっと。

不思議な魅力のふたりが結婚している感じです。

最後に

「マツコの知らない世界」で少女マンガではなく女子マンガを紹介をされたマツコさんはこう話していました。

「女子マンガとは、過渡期だなって。少女マンガからリアリティに行くまでの間の現実ってとらえちゃうとややキレイすぎるし、少女マンガってとらえちゃうと、これじゃちょっと夢見られないってなる」

とのこと。

現実はツライからファンタジーの世界に現実逃避したいのか

けっきょくはファンタジーは現実には起こらないから興味ないのか

なのかなと思いました。

あなたはどっちがお好みですか?

それじゃまた!

Sponsored Link