離乳食の準備をはじめました。

どうも、ナマケモノママのJinです。

娘が生後6ヶ月になるので、急いで離乳食をはじめる準備をスタートしました。

離乳食は5〜6ヶ月ごろからとのこと。

5ヶ月を迎えたらそろそろはじめなくてはと思ってましたが、あっという間にもうすぐ6ヶ月。

のんびりしすぎましたかw

ということで、今回は離乳食をはじめるにあたり何が必要なのかを揃えていきました。

Sponsored Link

離乳食をはじめるために

離乳食って「10倍がゆ」からはじめるらしい。

ぐらいの知識しかなかったので、離乳食の本を買うことにしましたw

そもそも離乳食をどう始めればいいのか、
どのような手順なのか、

把握してはじめようと思ったからです。

どんな離乳食の本がいいか悩んだのですが、「365日の離乳食カレンダー」を購入。

離乳食の献立カレンダーが掲載されていて、このまま真似すればラクかなと思ったのでこちらにしました。

Sponsored Link
【ベビー服】手足カバー付きのロンパース!安くてかわいい第2弾

離乳食作りに準備したもの

この本を読んで、離乳食を作るためにあると便利な調理器具をピックアップ。

小鍋、おろし器、計量カップ、マッシャー、すり小鉢・すりこ木、スケール、こし器などなど。

離乳食用に揃える必要はないようですが、あると作るのがラクになるようなので購入することにしました。

離乳食調理セット

離乳食調理セットをわざわざ買わなくても家にあるものでできそうですが、赤ちゃん専用で使っていきたいので買うことにしました。

1つ1つ探して買うのも面倒だなと思ってセットに。

私が購入した離乳食調理セットは「エジソンmama 離乳食作りから長〜く使える調理セット

おかゆをつぶしたり、こしたり、おろしたり、ゆでる、蒸すなどができるようです。

お値段は2650円(税込み)

もっとお安いものもあるのですが、日本製のものがよかったのでこちらにしました。

大きめサイズなので使いやすいようです。

離乳食おかゆクッカー

離乳食おかゆクッカー。

お米からでもご飯からでもレンジで簡単におかゆができるというものらしい。

これは母からいただきました。

10倍がゆは、お鍋で作るのはもちろん、炊飯器やレンジでも簡単に作れるようですね。

レンジで作れた方がラクだと思うので、ありがたいですw

ちなみにダイソーには、炊飯器でおかゆが作れる商品が売っていましたよ。

離乳食準備〜100均

その他、100均で揃えられそうなものは購入してきました。

お食事エプロン

赤ちゃんが食べこぼしたときに洋服を汚さないために、お食事エプロンをつけると良いみたい。

100均にもお食事エプロンがあったので、1枚お試しで購入しました。

そのままエプロンとしても使えるし、ポケットを裏返せば食べこぼしエプロンにもなります。

これはセリアで買ったのですが、デザインはミニーの他にも、ミッキーなどディズニーのものが何種類かありました。

たぶん1枚じゃ足りないと思うので、また足していく予定です。

小皿

セリアで小さな小皿を購入してきました。

かわいい。

完全に見た目で選びました。

もっとたくさん食べるようになったとき用に仕切りプレートみたいなものを買おうと思ってますが、

とりあえずはこの小さな小皿で離乳食をスタートしてみます。

はじめは家にある小皿でもよかったのですが、やはりこれも赤ちゃん専用で使っていこうと思いまして。

こんな小さな食器何に使うんだろと思ってましたがw、離乳食にも使えるんですね。

蓋付き製氷皿,ジップロック

離乳食は小分けして冷凍しておくと便利とのことで、蓋付きの製氷皿とジップロックを購入。

製氷皿は、100均で充分という意見もあれば、100均のものは取り難くて使いにくい

など意見があるようです。

とはいえ使ってみないと分からないので、こちらもとりあえず使ってみることにしました。

何事も実際にスタートしていかないと分からないことも多いですしね。

離乳食の準備・その後〜大は小を兼ねる〜

軽量スプーンやまな板

軽量スプーンやまな板も買ってきました。

家にあるものでもいいかもですが、赤ちゃん専用に用意した方が衛生面的に良さそうですしね。

他にも、包丁やスポンジなども追加で購入してくる予定です。

包丁は日本製のものが100均にあればですが、なさそうだな。

 

とりあえずこれで離乳食をはじめられそうです。

ついに離乳食が始まるのか大変そうという気持ちと、成長してきてるうれしいという気持ちでいますw

それじゃまた。

Sponsored Link