消臭スプレーを手作り!ミョウバンと水で簡単!作り方・使い方は

どうも、ナマケモノ主婦のJinです。

今回は、9月12日の「日本人の3割しか知らないこと くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館」で放送されていた

焼きミョウバンで作る消臭スプレーを作り、試してみました。

焼きミョウバンと水でできる簡単な作り方や使い道などをまとめています。

Sponsored Link

消臭スプレーを手作り!作り方は?

焼きミョウバンは、漬物の色付けやアク抜きなどに使うもので

市販の消臭スプレーが誕生する前は、消臭に使われていたようです。

焼きミョウバンと水で簡単に作れる

ということで消臭スプレーを手作りしていきます。

用意したものは、

  • 焼きミョウバン
  • ウォータースプレー
  • ドリンクボトル

です。

焼きミョウバンは、スーパーで購入。50gで150円ほどでした。

塩が置かれているスペースの近くにて発見しましたが、ドラッグストアにも置いているようです。

そして、ウォータースプレーとドリンクボトルは100均のもの。

私はドリンクボトルで作りましたが、わざわざ購入しなくてもペットボトルなどでも代用できそうです。

消臭スプレーの作り方

消臭スプレーの作り方です。

①容器の中に、焼きミョウバンと水を入れる

②よく混ぜる

☞容器を振ることで白く濁ります。

③冷蔵庫で冷やし、液体が透明になれば出来上がり

④これをさらに10倍ほどに薄めて使用

☞空のスプレーボトルに入れて消臭できます。

消臭スプレーの作り方なのですが、番組では分量などは紹介されていなかったので、適当に作っていきました。

私が作った分量は、

焼きミョウバンが20g、水が500ml ほど。

ですがこれでは分量が多かったらしく、このように焼きミョウバンが溶けずに残ってしまいました。

再度振ってみても、下に焼きミョウバンがたまるので変わらずでした。

色々調べていくと、

・焼きミョウバン10gと水300ml
・焼きミョウバン15gと水500ml

ほどとの情報もあったので、次に作るときは焼きミョウバンは少なめで作っていきたいと思います。

Sponsored Link

関連記事:洗濯マグちゃんを自作!作り方、2週間使用した感想

消臭スプレーの使い方

消臭スプレーの使い道です。

消臭スプレーは、下駄箱や流しの排水口にも使用できます。

また、無香料なので体臭対策などにも使用できるようですよ!

番組では、

一般家庭の下駄箱で消臭効果の実験をしていました。

消臭スプレーを下駄箱にある靴にシュッシュして、扉を閉めてしばらく放置。

その後、ニオイはしなくなったようです。排水口も無臭になったんだとか。

 

私の家の場合も、

実際に少しニオイがなくなった気がしますが、まだニオイは残っていると思いました。

とはいえ今回作った消臭スプレーは、焼きミョウバンが完全に溶けていなかったので効果が薄い気がしていますw

もう少し使ってみてまた効果などは追記します。

エアコンを消臭するときは

そして番組で紹介されていた消臭スプレーの使い方

エアコンの場合は、

風を出してるローラー部分を消臭するのがいいようです。ここから空気が出ているのでここを回しながらスプレーすると消臭効果があるんだとか。

ちなみにメーカーや機種によって異なるようです。

部屋を消臭するときは

次に部屋に消臭するときの使い方です。

部屋の場合は空間にしがちですが、カーテンなど布製品にするといいようです。

ニオイの成分は布に染み込みやすいため、空間にスプレーをしてもあまり効果的ではありません。

ということでした。

専用の物を購入するより手作りできると、安くできるのでうれしいです。

それじゃまた。

Sponsored Link