【出産内祝い】実際に贈ったもの

ナマケモノママのJinです。どうも。

出産し子どもが産まれると、ありがたいことにたくさんの方からお祝いをもらいました。

となると内祝いを贈りますよね。

ということで今回は、実際に贈った出産内祝いをまとめておきます。

自分だったら何をもらったら嬉しいだろう…と考えて選びました。

ちなみにオシャレなものではありませんw

Sponsored Link

出産内祝いで実際に贈ったもの

お菓子

やはり定番はお菓子です。

私は気に入ったものしか持っていたくない方なので、自分がいただくなら消費できるお菓子などの食べ物がいいなと思いました。

内祝いの金額の目安は、出産祝いでいただいた金額の1/3から半額ほどとのこと。

金額の目安別に、1000円〜5000円までのお菓子をそれぞれ選ぶ必要がありました。

Sponsored Link

関連記事:【出産祝い】もらって嬉しかったもの

ヨックモック

出産内祝いは、ヨックモックに決めました。

せっかく贈るなら自分も食べたことがあって、美味しいのを知ってる物がいいかなと思ってのことです。有名ですしねw

はじめは出産内祝いを選ぶカタログから選んで購入する気でしたが、まず1000円ぐらいの商品は少なかったり、選びたい商品がなかったりでした。

ふとネットショップではどうだろうと調べてみたら、あるではないですか!

ということでカタログではなく、普通にヨックモックの楽天市場店で購入しました。

のしも指定できるので、便利です。

すでに商品が決まっているなら、カタログよりもネットショップの方が商品や値段の種類は多いので、選びやすいかも。

結果的にすべてをネットで購入。

ヨックモックばかり大量に買いましたw

銀座千疋屋

銀座千疋屋のゼリーも購入し、贈りました。

こちらは、いとこ達に。ヨックモックだと、伯父とかぶるかなと思って商品を変えました。

銀座千疋屋のゼリー。

完全にネームバリューで決めましたw

アンリ・シャルパンティエ

こちらもいとこ達用に、アンリ・シャルパンティエを。

サッカークラブ・ヴィッセル神戸のスポンサーとしても知られてますよね。

私はサッカーが好きで、ユニフォームを見るたびにずっと気になってたので、こちらにしましたw

カタログギフト

私だったらカタログギフトは面倒だしもらってもあまり嬉しくない。

と思ってましたが、親戚からの出産祝いは多くいただいたのでお返し金額の目安も大きくなります。

お菓子だけでは足りず。

ということで「お菓子+カタログギフト」にしました。

冷蔵物の場合は宅配の方が良さそうですが、私の場合、出産内祝いは宅配ではなく持参します。

カタログギフトなら食べ物を頼んでも直接自宅に届けてくれるので、宅配代わりになりそうという気持ちで決めました。

ということでけっきょくカタログギフトに。

今回は変わったカタログギフトを発見したので、北海道ギフトにしましたよ。

加賀麩

甘い物が苦手な方への出産内祝いは、加賀麩に。

贈り相手は、伯父たちになるのでこういうのもありでしょってことで。

タオル

甘いものもダメで、食べ物も気を使う人への出産内祝いには、タオルを選びました。

食べ物がダメな方は、タオルなどをあげるほかありません。

ちなみに、雑貨屋で見つけたいいお値段するタオルですw

 

ということで「【出産内祝い】実際に贈ったもの」でした。

基本的にはお菓子にしました。それだけでなく贈る相手を考え、状況などによって出産内祝いを選びました。

出産内祝いは、出産祝いほどまで考えなくても良さそうです。

とはいえ、納得したものを贈りたいですよね!

それじゃまた。

Sponsored Link